思い付き:問題解決を専門家だけで行うと視野が狭くなるから門外漢を入れる

何かの問題を解決する際に、メンバーが専門家だけだと視野が狭くなる。ある程度の割合で門外漢を入れると、斬新なアイデアが出てきて良い展開になることが多い。これは企業が新しいサービスを起こす時にも言える。

この辺のバランスをうまく設定できる組織が強く長く存続できるのだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA